カテゴリー 【高クオリティSS】
  • (´・ω・`)「李徴!李徴じゃないか!」彡(゚)皿(゚)
  • ポルナレフ「お、シャレたカフェじゃねえか!」 ココア「いらっしゃいませー」
  • コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」
  • くっさいくっさいSSのあとがきwwwwww
  • いじめっ子「ぬーげ!!ぬーげ!!」 いじめられっ子女子「ううっ…ぐす」
  • 女騎士「くっ、殺せ!」オーク「ゲヘへ…」ゴー☆ジャス「まだ助かる…まだ助かる…」
  • 妻「あなたまたそんな本買って....」
  • 織田信長「親父が死んだwwwwwwwwwwwwwwww」
  • ハリー「アクシオ! ハーマイオニーの乳首! アクシオ! ハーマイオニーの乳首!」
  • 大泉洋「おいおいおい、俺がエヴァに乗るのかい!?」
  • 杉下右京「どうしたことでしょう。母乳が止まりませんよ」
  • マツコ「私がエヴァに乗るの!?」夏目「はい」
  • 斎藤佑樹「・・・・・・勝てるグローブ??」
  • 上司「ガミガミ」新入社員俺「くそ・・・何でこんな怒るんだよ・・・」

(´・ω・`)「李徴!李徴じゃないか!」彡(゚)皿(゚)

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 15:05:14.79 ID:gc5A/vWE0.net

彡(゚)(゚)「ワイは隴西の李徴。天才や」
彡(゚)(゚)「はっ、そこらの凡愚どもと一緒に馬鹿みたいな仕事するのは耐えられん」

彡(゚)(゚)「仕事やめて故郷に戻って詩作するわ。他人となんか関わらんわ。だってクズだし。ワイ天才だし」
彡(^)(^)「ゴミみたいな上司に頭さげるよりも、詩人として100年の名を遺す方がええやろ」

彡(゚)(゚)「あかん・・・ぜんぜん上手くいかへん。クソ!誰もワイを認めへん。あああああああああああ!」
(´・ω・`)「パパー。お腹すいたよー」
彡(゚)(゚)「クソったれ。金がない・・・・・・都にもどって仕事するしかないか・・・あぁワイには才能がないのか・・・」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

ポルナレフ「お、シャレたカフェじゃねえか!」 ココア「いらっしゃいませー」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/27(土) 23:46:37.086 ID:QRUzqUzJa.net

花京院「ポルナレフ、僕達は早くDIOを倒さなければならないんだからこんなところで遊んでる暇は…」

ジョセフ「まぁそう言うな花京院、道に迷ってしまったことじゃし少しここで休んでくとしよう」

ポルナレフ「さっすがジョースターさん!んじゃコーヒー五つね!」

ココア「はーい、かしこまりましたー」

承太郎「やれやれ、呑気な奴等だぜ」

イギー「わう」

チノ「あの…お客様ちょっと…」

アヴドゥル「ん?ああ、騒がしくて申し訳ない」

チノ「そういうことではなく…その…」

アヴドゥル「そうか、動物を連れ込むのはまずかったな…イギーはこう見えて利口な犬なので勘弁してもらえないか?」

チノ「いえ、あの…当店は肌の黒い外人さんは入店をお断りしていまして」

アヴドゥル「」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:02:33.474 ID:szUJlnV70.net

コナンドイル「苦労して書いた歴史小説がちっとも売れへん・・・」

ドイル「なんでや・・・壮大な世界観に重厚な人間描写、時代考証も完璧やのに・・・英国文学史に残る傑作やんけ・・・」

ドイル「あかん・・・金がない・・・どないしよ」

ドイル「しゃーない、とりあえず、もっと大衆的で金になるもん書くか・・・」

ドイル「売れる小説ゆーたら、そらキモオタ向けのラノベやろな。ほんまはそんなもん書くのはワイのプライドが許さんのやが・・・」

ドイル「クールイケメン天才の完璧超人を主人公にして俺TUEEEEやらしてっと・・・」

ドイル「主人公の引き立て役に間抜けな刑事と、お人よしの友人キャラを配置してマンセーマンセーっと・・・」

ドイル「・・・さすがにやりすぎやろか・・・書いてて死にたくなったで・・・」

ドイル「まあええか。アホな中学生くらいにはこんなもんでちょうどええやろ。」

ドイル「主人公の名前は・・・シャーロックホームズな。小遣い稼ぎになったら儲けもんや。」


読者「ホームズかっけー!すげー!超おもしれーーー!!!」

出版社「コナンドイル先生!もっと続き書いてください!」

ドイル「なんやと・・・」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

くっさいくっさいSSのあとがきwwwwww

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/21(日) 00:40:39.428 ID:9F22ICdva.net

このSSの結末は、まだ未完にしておく。

なぜなら、未完にしておけば俺たちはお前の心の中で永遠に生き続けるから。

そして、お前に勇気を与え続けることを約束する。

このSSを読んでいる奴の中には、死にたいほどの悩みと戦ってる奴がいるかもしれない。俺にはどうすることもできない。悔しいけど、どうすることもできないんだ。

でも、このSSを読んで笑ったり泣いたりした経験は、確かにお前自身のものだ。お前は、このSSを読むことで、一つの人生を生き抜いたんだ。

この先は、俺じゃなくお前が主人公となって生きていく。挫けそうになっても負けちゃダメなんだ。

俺はいつでも、お前のそばにいるよ。

秋の夜長に満月を添えて。

主人公「男」より。



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

いじめっ子「ぬーげ!!ぬーげ!!」 いじめられっ子女子「ううっ…ぐす」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/11(木) 11:04:45.742 ID:CmvngGi80.net

いじめっ子「おら早く脱げよ!!」

俺「よし全部わかった、俺が脱ごう」スクッ

いじめられっ子女子「え…?」

俺「お前は下がってろ、俺が脱ぐ」

いじめっ子「は?お前の裸なんか見たくねーよ!!」

俺「なるほどね、一理ある」

俺「じゃあこういうのはどうだろう?」

いじめっ子「なんだよ?」

俺「俺が脱いだ上にちんちんの皮も剥く」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

女騎士「くっ、殺せ!」オーク「ゲヘへ…」ゴー☆ジャス「まだ助かる…まだ助かる…」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:21:44.830 ID:NmwbpKpmK0606.net

ゴー☆ジャス「マダガスカル!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダ

女騎士「…!?」

オーク「誰だ…!」


ビシッ
ゴー☆ジャス「ここ!マダガスカル!!」

オーク「あん…?何言ってんだ…?」

女騎士「本当だ…マダガスカルだ…!」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

妻「あなたまたそんな本買って....」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 11:08:51.18 ID:+fD6NodK0.net

そう言った妻の目線の先にあったものは俺が手にしていたスポーツ雑誌と写真集だった。両方とも表紙にはガタイの良い筋肉質な男達が写っている。

俺「なんだ。毎月買っているじゃないか。何かいけないことでもあるのか?」

妻「いえ、でも、あなたはいつも、何が目当てでその本達を買おうとしているの?」

俺「目当て?そりゃあ、体を鍛える方法、とか...」

俺は言葉に詰まってしまった。妻に言うのはまずい、その他の目当てがちゃんとあるからだ。



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

織田信長「親父が死んだwwwwwwwwwwwwwwww」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数

Oda_Nobunaga-Portrait_by_Giovanni_NIcolao


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/26(火) 18:21:21.941 ID:8R4KYzyx0.net

織田信秀「…」チーン

織田信長「wwwwwwwwwwww」

織田信長「お焼香ドーンwwwwww」

織田信秀「…」ファッサー

平手政秀「新当主DQN過ぎ切腹しよwwwww」

織田信長「じいwwwwwww」

平手政秀「…」

織田信長「じい…」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/26(火) 18:22:08.420 ID:nYZ6WdbX0.net

じい...



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/26(火) 18:22:26.452 ID:8R4KYzyx0.net

織田信行「兄貴DQN過ぎwww俺が弾正忠家(信長の家)を継ぐわwwwww」

織田信友「大和守(信長の主家)も信行ちゃん推しですぞwwwww」

織田信賢「伊勢守(信長の家より偉い)もDQNには反対ですぞwwwww」

織田信長「うざいwwwwwww」

織田信長「死ねwwwwwwwww」

織田信行「…」 織田信友「…」 織田信賢「…」

織田信長「wwwwwwwwwwww」

織田信長「これで尾張は俺のものwwwwwwwwwwww」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/26(火) 18:23:06.888 ID:a5M9Uvsv0.net

つえー



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

ハリー「アクシオ! ハーマイオニーの乳首! アクシオ! ハーマイオニーの乳首!」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/21(木) 21:39:27.502 ID:XcU+j00L0.net

ロン「なにしてるの?」

ハリー「なにって、ロン。見て分からないの?」

ロン「呼び寄せ呪文だろ? 君がやろうとしてることの意味くらい、僕にだって分かるさ」

ロン「ただ、ハーマイオニーの乳首を呼び寄せるなんて、正気とは思えないから」

ハリー「僕は正気だよ」

ロン「だったらどうしてそんなことしてるのさ」

ハリー「ハーマイオニーの乳首を呼び寄せたいから。それ以上の理由が必要?」


(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

大泉洋「おいおいおい、俺がエヴァに乗るのかい!?」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 22:14:08.068 ID:xm5f/1BXd.net

大泉洋「こんな見たこともないロボットに乗ってさっきの化け物と戦えだって!?冗談じゃないよぉまったく」


藤村「乗るのかい!?じゃないよ、早く乗れよ」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 22:15:42.129 ID:sT+Aa/ofr.net

INキーで乗り込めない予感



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 22:15:50.496 ID:KvM3slGa0.net

僕はね、藤村君に乗りたいんだなぁ



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

杉下右京「どうしたことでしょう。母乳が止まりませんよ」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
img_5


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/07(木) 00:17:49.812 ID:wiL8TFRt0.net

杉下右京「困りましたね」

亀山「絶対、飲みませんよ」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/07(木) 00:18:49.804 ID:ODWZgUgH0.net

あの位置からティーカップに母乳を注ぐ右京さん



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/07(木) 00:19:54.320 ID:O192WijG0.net

パンダのマグカップで飲む角田課長



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

マツコ「私がエヴァに乗るの!?」夏目「はい」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/03(日) 00:53:05.323 ID:4YAfGUm9d.net

マツコ「そもそもエヴァって何よ」

夏目「正式には汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンと言います」

マツコ「・・・それ聞いてもいまいち何かわかんないんですけど」


有吉「要するに、これ乗ってさっきの怪物と戦えってことなんじゃないの?」

夏目「そうです」

マツコ「これ乗ってさっきの化け物と戦えって言うの!?」

夏目「はい」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

斎藤佑樹「・・・・・・勝てるグローブ??」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/30(木) 10:07:40.047 ID:mYwhh8iSa.net

週刊ストーリーランド 第xx話「勝てるグローブ」

僕の名前は斎藤佑樹
日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手だ
僕は高校時代甲子園で優勝し一躍国民的スターとなった
しかしプロ入り後はパッとせず1軍と2軍を行ったり来たり
僕ももう26歳、今年活躍できなければ戦力外になってしまう可能性も高い・・・



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/30(木) 10:13:35.952 ID:mYwhh8iSa.net

斎藤「ああ、俺のプロ野球人生このまま終わってしまうのかな・・・?」

外をうろついている斎藤
すると道脇で座り込んで怪しげな商売をしている老婆を発見

斎藤「ばあさん、こんなとこで何してるの?」

老婆「・・・・・・」

斎藤「あっ、メガホン売ってるんだ」

斎藤「・・・ん?勝てるメガホン・・・?」

斎藤「ねえ、この勝てるメガホンって普通のメガホンとどう違うの?」

老婆「・・・それは、お買いになった方だけがわかるのでございます」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)

上司「ガミガミ」新入社員俺「くそ・・・何でこんな怒るんだよ・・・」

  •  このエントリーのはてなブックマーク数
1


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/25(土) 14:42:27.926 ID:CjjNgzhrM.net

上司「君ね、ちゃんと思いを持って仕事しなさい。適当すぎるんだよ」

俺「はい・・・」

上司「合ってる間違ってるは新人にはそれほど重要じゃないんだよ。間違ってて当たり前なんだから」

俺「はい・・・」

上司「問題は『なぜこうなったか』『なぜこうしなければいけないのか』だからbね。それがないから適当だと言っているんだ」

俺「はい・・・(くそ、うるせーな・・・シネ)」



(省略されました!全てを読むにはココを押してください)